新型電気自動車(EV)「I.D.」には2025年までに商品化する完全自動運転を先取りし、レベル4の自動運転も対応可能にする。レーザースキャナーなどの多様なセンサー、カメラを採用し、車両周辺を常時監視する。操作系にはAR(拡張現実)ヘッドアップディスプレーなどを活用し、操作性を飛躍的に高める…。フォルクスワーゲン(VW)が市場投入を目指すEVのスペ…