2010年の自動車タイヤは世界的需要減の為、生産量はバブル崩壊以来15年振りに100万トンを下回るものと見込まれ、原油や天然ゴム等の原材料価格の再高騰の動きもあり、タイヤ産業にとって今後も楽観を許さ…