ソフトバンクとシンガポールのCarro(カーロ)は20日、中古車をリース形式で売買できる場を提供するCARROJAPAN(カーロジャパン、工藤裕哉代表取締役CEO、東京都港区)を設立したと発表した。中古車をサブスクリプション(定額利用)サービスで利用したいユーザーと、カーリース会社などをマッチングする。まずは国内の法人向けにサービスの提供を開始する計画で、今後個人ユーザーへの対象拡大を目指す。

 カーロはアジア太平洋地域の5カ国で中古車のオンライン販売を手がけており、人工知能(AI)を用いた残価予測技術を持っている。新サービスでも市場動向などに基づいた中古車価格を算出できるようにし、適正な価格でユーザーが購入できるようにしていく考えだ。