住友ゴム工業はオリックス自動車と連携し、同社のレンタカー事業でタイヤの空気圧や温度をリモートで監視する「空気圧・温度管理サービス」の実証実験を開始したと発表した。これまで数十社のリース、レンタカー事業者と取り組んできたが、今回は新たにタイヤの小さな穴や亀裂などによって徐々に空気が抜ける「スローパンク」の検知機能を盛り込んだ。両社は今回の実験を通じて、レンタカー運用中のトラブル削減につなげる狙い。

 今回の実証実験は「ダンロップ」ブランドのオールシーズンタイヤ「オールシーズンマックスAS1」を装着する都心店舗のレンタカー、約40台で実施する。駐車場に設置されたアンテナの圏内にあるタイヤ空気圧監視装置(TPMS)装着車両のタイヤ空気圧や温度情報を読み取る。これらの管理や確認はタブレット端末などにより、一括で行えるようになっている。

 新たに導入したスローパンク検知機能では、独自開発した検知のアルゴリズムに基づき、タイヤ内部の変化をTPMSが監視。異常発生時に車両管理者にアラートを通知する仕組みとした。目視点検や運転中の違和感では発見が難しいスローパンクを早期に見つけることでタイヤトラブルの未然防止につなげる考えだ。