パジェロスポーツ

 三菱自動車は4日、露カルーガ州のステランスティスとの合弁工場の操業が停止する見通しであることを明らかにした。物流の混乱で部品の供給網に支障が出ているため。ロシアとウクライナへの完成車輸出やロシア工場向けの部品出荷は停止している。

 ステランティスとの合弁工場では「アウトランダー」と「パジェロスポーツ」をノックダウン方式で生産している。アウトランダーは主要部品を日本から、パジェロスポーツはタイから輸出している。21年の生産実績はアウトランダーが約1万8千台、パジェロスポーツが約3千台だった。