シェフラーは、子会社のコンパクト・ダイナミクス社が開発したハイブリッドシステム=写真=が世界ラリー選手権(WRC)の参戦マシンに搭載されたと発表した。WRCでは2022年シーズンから環境に配慮したパワートレインを採用するなど、新たな車両規則「ラリー1」を導入している。コンパクト・ダイナミクス社は出力100㌔㍗のモーターと3・9㌔㍗時のバッテリー、制御ユニットを一体化したプラグインハイブリッドシステムを供給しており、排気量1・6㍑直列4気筒直噴ターボエンジンと組み合わされている。

 同システムは減速時のエネルギーを電気として回収する回生ブレーキとして機能するほか、バッテリーに貯めた電力でモーターをアシストする電気ブーストとしても使用できる。ブースト時は100㌔㍗のパワーが追加されるという。