リング式操作システム
車いすの積み下ろしで負担軽減

 マツダが下肢障害者向けの新しい自操式福祉車両を開発している。電気自動車(EV)の「MX―30」をベースにしたモデルで、健常者と障害者がそれぞれ独自の操作システムを利用できる点が特徴。ハンドル内のリングを押すことで加速し、ハンドル横のレバーでブレーキ操作するリング式の操作システムを採用した。改良を加え、今秋をめどに商品化する予定だ。

 マツダはMX―30を皮切りに自操式福祉車両を「セルフエンパワーメントドライビングビークル」として展開する計画を掲げる。MX―30で開始したのはEVと下肢障害者向け手動運転との相性が良いためで、メディアに公開した試作車両ではモーター駆動ならではの制御の自由度を生かし、ガソリン車では違和感が出やすい手動運転操作を自然に操れるようにベース車と異なる独自制御を採用。セルフ式ガソリンスタンドと比べて自宅などでの充電はユーザーの負担が少ないことも利点になる。

 操作システムには欧米で使用されることの多いリング式を採用。日本で使われることの多いAPドライブ式と比べて両手がふさがれずに運転できるため、快適性が高い。ブレーキはハンドルの左にあるレバーを押し込むことで操作するが、操作性を高めるため、マツダ車で搭載するオルガン式アクセルペダルの考え方を応用して最適な角度に設計した。

 フットブレーキを踏むことでペダル操作システムに、手動ブレーキを押し込むことでリング操作システムに切り替えられる。

 車いす使用者にとって負担が大きい乗車時や積み込み時の負担にも配慮して設計した。乗車時に腰をかける「アクセスボード」は足入れを阻害しない形状を採用し、乗り込みやすい高さに配置。MX―30の観音開きドアは、運転席から後部座席に車いすを積みやすいが、ドア開閉の態勢がきつくなるため、自動で開閉できるボタンを搭載した。

 マツダは、乗降時に障害者の負担になる車いすの積み下ろしを軽減するために、車いす本体も独自に開発した。軽量素材を使用し、一般的には10㌔㌘以上ある重量を6㌔㌘に軽量化。シートと車体を分離できる構造とし、収納性も高めた。車いすもディーラーなどで販売する見通しだ。セルフエンパワーメントドライビングビークルのシステムはMX―30のほか、スカイアクティブ技術を搭載した車両に展開できるように設計しており、今後は展開車種を増やしていきたい考え。