モバイルパワーパックを搭載する電動三輪タクシー
第2世代モバイルパワーパックのプロトタイプ

 ホンダは、電動二輪車に使用する可搬型バッテリー「モバイルパワーパック」とモーターなどを組み合わせた電動パワートレインの外販を検討する。ホンダは現在、外部企業の電動三輪車やロボットのエネルギー源として同バッテリーを提供しているが、パワートレイン全体で提供することでバッテリーの採用を拡大する可能性を探る。ホンダが四輪や二輪で培ってきたモーターの技術を生かす。今後、国内でも需要拡大が見込まれる小型モビリティなどへの採用拡大にもつながりそうだ。

 モバイルパワーパックは、ホンダが「ベンリィ:e」に採用する着脱可能なバッテリー。交換式とすることでバッテリーの課題である充電時間を大幅に短縮できる。

 一方、二輪車の需要だけではコストのかかる充電ステーションを広範囲に設置することが難しいため、同バッテリーを活用できる用途を増やし、ステーションの拡大につなげる。自社の二輪車に加え、今年に入りインドの電動三輪タクシーの実証実験に使用され始めたほか、デンソーもロボットの電源としてモバイルパワーパックを使用する実証実験を開始した。

 採用機器をさらに拡大させるため、パワートレイン全体での提供を検討する。電池だけではなく、モーターもセットで提供することで、ホンダが建機メーカーにOEM(相手先ブランドによる生産)供給する汎用エンジンを代替するソリューションにもなる。また、小型モビリティを開発するベンチャー企業にとっては、ホンダが蓄積してきたパワートレインの知見を求めるニーズもあるとみられる。