神戸製鋼所は、独自の抗菌めっき技術「ケニファイン」で新型コロナウイルスの感染力を低下させる効果を確認した。1996年の腸管出血性大腸菌O―157の流行をきっかけに20年前に開発した。ステンレス鋼で試した検査で、未処理材に比べてウイルスの感染力を1千分の1に抑えることを確認。過去には、インフルエンザウイルスや重症急性呼吸器症候群(SARS)の引き金…