極東開発工業は18日、新型コンクリートポンプ車「ピストンクリートPY120B―26D」=写真=を24日から発売すると発表した。長さ26㍍級のM型4段屈折ブームを搭載した。ブーム軽量化のほか、車両の機動性やポンプの圧送能力を向上した。作業時にスペースが限られる都市部などの現場にも対応できるように、ホイールベースは5千㍉㍍、車両全長は9460㍉㍍と従…