デンソーは、自動運転技術の研究拠点「グローバルR&D Tokyo、Haneda」(東京都大田区)を開設した=写真。羽田エリアでは国家戦略特区として自動運転の公道実証計画があり、大田区には中小の製造業も集積する。新拠点には約130人のエンジニアを置き、中小製造業とも連携して開発を進める。

 同社は品川駅近くに「グローバルR&D Tokyo」を2年前に開設した。新拠点の開設で研究から実証までを効率的に行える体制を整え、自動運転技術の開発を加速させていく考えだ。