店舗の駐車場で中古車を展示する。軽自動車やコンパクトカーなど「生活の足」として使うクルマが中心だ

ヤマダ電機が自動車領域の事業を強化している。カー用品のほか、一部地域では中古車や電動カートを販売。新たに後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」の取り次ぎ業務にも乗り出した。自動車の技術革新「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の普及を見据え、自動車関連事業者との連携や業務提携を進めてきた同社。全国各地の店舗網と集客力を生…