日系商用車メーカーが燃料電池(FC)トラックの開発に一斉に乗り出した。日野自動車、いすゞ自動車がそれぞれ乗用車メーカーとの共同研究開発に着手したほか、三菱ふそうトラック・バスは、2020年代後半までにFCトラックを量産する方針を表明した。日野といすゞが大型トラックへの実装を想定する一方、三菱ふそうは小型トラックへの適用も視野に入れる。電気自動車(…