特定整備認証がないとバンパーやグリル、フロントガラスの脱着もできなくなるー。

4月1日から新たに特定整備制度がスタートします。義務化された緊急被害軽減ブレーキをはじめ、高度化する安全支援システムをしっかり整備するためには電子制御装置整備認証の取得が必要になります。認証を取得するために必要なもの、車載技術の高度化に対応するために準備すべきこと、いろいろあるため困惑している整備事業者らの声を聞きます。そこで、まずは電子制御装置整備認証を取得し特定整備事業者となるために必要な要件について絞り込んだ解説書「ゼロからわかる特定整備~認証取得にむけて」を刊行しました。特定整備導入編のテキストとして、または各種資料の補助資料としてご活用いただけます。

体裁はA4判フルカラー16ページ(中綴じ)で、14~16ページはメモ欄としてあります。広告や各種オリジナル情報ページとして差し替えも可能です。価格は100部3万9800円~(消費税・送料別)。少数のご要望にも対応します。

詳細はこちら

まで。