八千代工業は、電動化やスモールモビリティ化などで想定される部品の需要構造変化に対応して、樹脂新規部品の自社開発を加速させる。主力とする燃料タンクとサンルーフの将来的な需要減を予測する同社は、自社開発による提案力を高めることで新規樹脂部品の売り上げ拡大に本腰を入れ、主力事業の柱の1つに成長させる方針だ。同社の山口次郎社長は「電動化やモビリティ社会の…