日本産業機械工業会や日本ロジスティクスシステム協会などが主催する「国際物流総合展2020」が19~21日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で行われた。合計で225社が出展し、期間中は約2万2千人が来場した。今回は「労働力不足」をテーマに、製造現場や倉庫内で作業を効率化するための無人フォークリフトやAGV(無人搬送車)といった自動化製品の展示が目立…