日本における2019年の交通事故死亡者(3215人)のうち歩行中の死亡者数は1176人(37%)であり,その死亡者数の占める割合は近年高まる傾向にある。歩行者死亡事故の中でも、特に65歳以上の高齢者の占める割合は70%と高く、その対策も望まれる。日本で発生した車対歩行者の死亡事故では、車が単路を直進し前方の路上を歩行者が横断し車と衝突する事例が…