ヨロズは、主要供給先である日産自動車の減産の影響を受け、昨年11月に全社的に緊急収益改善活動の徹底を発動した。同社史上3度目の発動となるこの大規模コスト削減策に着手することで、現中期経営計画で掲げる2020年度の売上高目標1800億円必達を目指している。今年の展望を志藤昭彦会長に聞いた。   (長谷部 万人)―足元の事業環境については「電動化や自…