本年は所得環境の改善を背景とした個人消費の増加傾向を維持し、設備投資の増加、2020東京オリンピック・パラリンピック需要の盛り上がりを受けて前半は高めの成長が続くと期待されていますが、後半は消費増税…