自民党は6日、2020年度の予算編成に向けた大綱案をまとめた。自動車関連施策では、ソサエティ5・0を支える自動走行やMaaS(サービスとしてのモビリティ)といった基盤技術の研究開発や先端技術分野の人材育成を推進する。水素社会の実現に向けて、燃料電池自動車(FCV)の普及や水素ステーション(ST)の整備に対する支援の拡大、関連する規制の見直しも行う…