自動車安全技術の高まりなどから交通事故は減少傾向にあるものの、重度後障害者数は横ばいにとどまっており、交通事故の被害者救済のための事業を安定的、継続的に実施することが重要だとする「交通事故被害者救済…