環境省と国土交通省は2019年度、時速20キロメートル未満で公道を走る4人乗り以上の電動小型車「グリーンスローモビリティ」の導入を促す補助金制度を創設する。二酸化炭素(CO2)の排出量削減に貢献するとともに、少子高齢化に伴って地域が抱える交通課題の解決や新たな観光資源の開拓につなげる。自治体やバス・タクシー事業者などが支援の対象となる見込み。国交…