報告書を手渡す柿元邦彦座長(右)と矢代会長(左)

日本自動車連盟(JAF、矢代隆義会長)は23日、モータースポーツ振興策をまとめた。年間を通じて活躍したドライバーを選出する「ドライバーオブザイヤー」の新設や入門競技の積極開催、女性参加の推進策などを検討する。自動車競技が野球やサッカーなど他のスポーツと同様に大きな社会的関心を持ってもらえるよう、専門委員会を立ち上げて具体策を練る。同日、10人の有…