独フォルクスワーゲン(VW)が世界戦略を大きく転換しようとしている。昨年9月に発生したディーゼルエンジン(DE)車の不正問題で、台数必達や販売規模を声高に主張した経営は難しくなった。6月に公表した2025年までの長期目標は「顧客重視」や「持続性」をキーワードとしており、ビジョン経営に舵を切ろうとする様子もうかがえる。世界販売でトヨタ自動車と肩を並…